会社に必要な印鑑の紹介

  • RSS

会社にも、個人で持つ実印・銀行印・認印と同じような印鑑があるのでここで詳しくご紹介したいと思います。

1.会社実印
会社実印は代表者印とも呼ばれています。
法務局へ届け出て使用する会社の実印ですが、登録法では特にその規定などはありません。
しかし、もちろん何でも登録すれば良いというわけではなく、個人の実印以上にの役割を持っているものです。
契約書などでは会社の顔のような役目を果たしますし、セキュリティーの観点からも是非、役職名と会社名を彫刻したものを登録することをお勧めします。
また、個人の実印との兼用も、安全面から同様に避けるようにするのが基本といえるでしょう。
個人の実印の登録は、市町村区役所の窓口ですが、企業や法人の場合は異なります。
その企業の会社本店を管轄している法務局か地方法務局、もしくはこれらの支局や出張所が管轄登記所として司っている場所に限られます。
法人の実印登録は法人登記を行う際に同時に行なわれることがほとんどです。

・会社銀行印
銀行に登録する他、会社の手形や小切手などに用いられます。
・役職印
役職印は代表取締役印や支店長印、部長之印など、役職名の入った印鑑の総称です。

・角印
角印は会社名の他、組合や商店など、団体の印としても用いられます。
その名のとおり、四角い判子で、彫られているのは会社名や団体名、屋号など。
契約書や請求書、領収書に使われますが、登録の義務はありません。
会社認印のような役割を果たします。
ただ、認印よりも信用度は高いのがこの角印の特徴となるです。



~ 厳選!お得情報 ~

実印や銀行印はしっかりしたものを作ることをお勧めします。
印材として象牙は歴史も古く暖かみがあり、お手入れをしっかりすれば半永久的に使えるほど丈夫です。
象牙の輸入はワシントン条約によって禁止されていますが、
今国内にある象牙は全て登録されているので安心して使用することができます。
→長く使える印鑑選びを確認する。

このページの先頭へ