実印登録していない判子は実印じゃない

  • RSS

実印は、住民登録のある市区町村の役所や役場に、自分の戸籍上の姓名が彫られた印鑑を登録申請、受理されたものがそう呼ばれています。
どんなに立派な判子でも実印登録していない判子は実印とは呼ばれません。

その逆に、100円ショップで大量に販売されている三文判のような判子でも、登録してしまえばそれが実印となります。
しかし、理論上は三文判も実印にできますが、安全面を考慮すると、これはけっしてお勧めできない行為になります。
実印は印鑑の中で、もっとも重要な印鑑となります。
法律や社会における権利や義務を伴うものです。

実印は銀行印や認印との併用や、家族との共用も実際には避けたいところですね。
また、実印は主に、次のような場合に用いられます。
1.公正証書の作成や金銭などの貸借証書や契約書
2.不動産取引き上の書類
3.遺産相続に関する事柄
4.法人の発起人として
5.官公庁での諸手続きや恩給、供託
6.自動車や電話の契約
7.保険金と補償金の受領
使用する場合には、書類の内容を熟読し、慎重に押印するようにしてください。
また、実印は、その人物を証明する印鑑ですので、場合によってはその人を表すイメージにも関わります。
大量生産しているような三文判を使っていると、脇が甘く、管理が行き届いていないような人物に見られてしまうこともしばしば起こり得るのです。

もちろん何も高価なものを使えとまでは言いませんが、社会的地位や年齢に見合うもので、長く使えることのできる1本を用意しておくことが望ましいようです。

〔関連情報のご紹介〕
実印とは、印鑑登録の手続きが必要なとても大事な印鑑です。
大きな出来事や契約のときに、自分の判断と責任に基づいて捺印されるものです。
印鑑の種類は多種多様にありますが、必ず自分で納得のいくものを選ぶようにしましょう。
印鑑選びのポイントをチェック

印鑑登録について Yahoo!知恵袋 最新ベストアンサー

質問内容

印鑑証明についての質問です。 この度、車売却のために、実印と印鑑証明がいることになりました。 ですが、主人の印鑑登録は以前独身時代に手続きしたもので、今住んでいる市ではありません 。 現在は、愛知県清須市に住んでいますが、以前は愛知県日進市に主人は住んでいました。(住民票は移動してあります) 売却する車を購入したのも日進市在住のときです。 日進市で印鑑登録をして以降ずっとそのままにしていたそうです。 この場合は、日進市で発行していただく印鑑証明は使えませんよね? 今回車売却のための場合ですが、日進市で登録の取り消しをして、清須市で新しく登録したものがいるということなんでしょうか? ご存知の方おりましたら是非教えていただきたいです。

ベストアンサー

住民票移動と同時に 以前の印鑑登録は抹消されていますから手続きは不要です。 移動先の自治体で登録・発行(交付)を !!

質問日時:2014/11/19 08:34:48 回答数:1

質問内容

未成年の車の購入についての質問 未成年で契約書は自分の場合、保護者の同意書は必ず必要でしょうか? 未成年(19歳)で車の契約書は自分です。 車の金額を支払ってくれるのは父です。 こ の場合、未成年に対する車の売買の同意書は必要ですか? 順調に納車まで進んできたのですが、お店側が私が未成年だと知らなかったようで、未成年の売買に関する保護者の同意書に親権者の実印を押すのと印鑑証明、住民票を持ってきてくださいと言われました。 しかし問題があり、父(親権者です)が実印をなくしてしまったようなのです(今は忙しく実印を新しく登録する時間もない)父にこの同意書のことを話したところ、買うのは自分(父)だからこれは必要ないんじゃないか?と言われました。 お店から渡されたので必要な書類だと思うのですが … いろいろ同意書を書かなくていい方法を考えたのですが ・契約書を父にする(結局契約する場合印鑑証明など必要となるのでダメそうです…) ・現金手渡しで支払いなのですが、父に現金手渡しで支払いしてもらう(これはどうなのでしょう?) ちなみに父が銀行からお金を借ります(父の名前でです) わかりにくい文章でしたらすみません(>人<;)

ベストアンサー

同意書は車の購入に必要なのではなく、車の登録に必要な、つまり国の決まりなので逃れる方法はありません。一つの方法としては、所有者を店の名義、使用者を自分名義にすれば同意書は要りません。

質問日時:2014/09/10 09:56:37 回答数:4

質問内容

他人が勝手に住民票を、移動し、移転先で実印の印鑑登録をされたらどうしようと、心配で眠れません。 実印と印鑑登録証は銀行の貸金庫に保管しています。 なぜ不安になったかというと、自 宅の土地権利書を家の中で何処かにしまい忘れたか、誤って捨ててしまった可能性が有りまして。 心配だったので、司法書士に相談したところ「実印と印鑑登録証はしっかりと保管するくらいしかないですね」と言われてしまい…他に対策が有りません。 ネットなどで「他人が簡単に住民票を移動し、移転先で新たに印鑑登録をすれば、実印として新しい印鑑を不正使用も可能」と いった内容を見ました。 そうなると、そもそも…実印を銀行の貸金庫に保管していても、意味が無いように思えて。 自宅の土地建物は、私の父の名義です。 6年前に母が他界した際に、自宅の土地建物の名義を父と母の共有名義から、父の名義へ相続により、変更になりました。 6年前は、私自身、ノイローゼ気味で、家の中の片付けもあまり出来ず、そんな中で相続手続きも、私が事務手続きを行いました(父は全く事務手続きが理解できないので) 権利書が手元にあれば、それほど心配でも無いのですが、見当たらないので。 分かりにくい文章で申し訳ないのですが ・土地建物の権利書を紛失した場合の、防犯対策 ・実印を他人に変更されないようにする、防犯対策 有りましたら、教えて頂けると助かります。 宜しくお願いします。

ベストアンサー

土地建物の権利書をなくしたくらいで、どのようにしたら、「他人が勝手に住民票を移動させる」ことができるのか、理解に苦しみますが。 住民票を移動させるためには、転出元の市役所等に行って、「転出届」を提出して、「転出証明書」を発行してもらい、それを転出先の市役所等に「転入届」と共に提出することが必要なはずですが。 「転出証明書」を発行してもらうためには、「本人確認書」が必要であり、「本人確認書」は、顔写真のついた運転免許証やパスポートなどの場合は1種、健康保険証、国民年手帳のようなものであれば、別々のものが2種必要なはずですが。 「転入届」についても、同様のはずですが。 自分が、住民票を移動しようと思うとき、土地建物の権利書が無いと、手続きが面倒になって困るかも知れませんが。 土地建物の権利書を紛失したときの防犯対策 特にないと思いますが。それを盗んで不動産登記をしようとしても、その時には、実印が必要であり、実印さえ保管しておけば問題ないと思われますが。 ただ、自分が土地建物を売却しようとしたとき、手続きが面倒になって困るかも知れません。 実印を他人に変更されないようにする防犯対策 普通は実印が無い限り、実印を変更することは出来ないはずですが。住民票を移動させることが不可能なことは前述のとおり。

質問日時:2014/08/31 20:36:19 回答数:2

このページの先頭へ